Q. 私は人によく「夢見がち」「ナルシスト的ロマンティスト」などとよくバカにされます。 しかし私は夢を見ることは大事だと思いますし、人生の潤滑剤だとも思います。 あなたは、「夢を見る」ということに価値を見い出していますか?

小さい頃、小学校くらいまでは「夢を持とう!」「夢を持つことはすばらしい!」と教えられると思いますが、
ある段階になると、「現実をみろ!」「夢みたいなことばかり言って!」と言われることがまるっきり変わってしまいますよね。

言いたいことはわかりますが、どちらの言い分も好きではありません。
夢を持つことが素晴らしいという人から、夢を実現させた過程の話しを聞いたことがないし、
現実をみなさいと諭す人から、努力し続けた結果、夢敗れた話しを聞いたことがないからです。

僕は、なにかになりたい、こういう生活をしたいといった、
人から見える「状態」としての夢を特に持っていません。

ただ、死ぬ前に、答えをみつけたいと思っているものが、いくつかあります。
それは、すぐに見つかるようなものではなく、もしかしたら答えがないかもしれません。

​でも、質問してくれた方の夢と同じで、自分の人生を豊かにするものなので、
もしこれを「夢」としてカウントしていいのなら、
「夢を見る」ということに、大きな価値を見出しています。

※このエントリーは、ザ・インタビューズからの転載です

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • それが永遠に続くのだと勘違いしてたんだ
    しらき
  • それが永遠に続くのだと勘違いしてたんだ
    まなか
  • 写真で振り返る2012年3月
    しらき
  • 写真で振り返る2012年3月
    もはえ
  • 写真で振り返る2012年1月
    shiraki
  • 写真で振り返る2012年1月
    モハえ
  • 【屋号001】篠田理髪店
    sss
  • 手ぬぐいで作るこども服
    spiro
  • 手ぬぐいで作るこども服
    真崎 悦子
  • 【屋号001】篠田理髪店
    Hanano

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM