学生のとき、すぐに問題を起こすトラブルメーカーのような友達がいました。
僕も何度かそのトラブルに巻き込まれたのだけれど、
不思議とそいつのことをきらいになることはありませんでした。

その理由がわかったのは、最近のことです。

そいつは、モノをとても大切にしていました。
本やフィギュアをたくさん持ってて、そのどれもを大切にあつかっていました。
人から貸してもらった本も、神経質なほどに丁寧に扱っていて、
僕はそれをとてもすばらしいことだと思っていたのです。


いつか、僕の娘が結婚したいと言ってきたら、
質問しようと思っていることがあります。

「その人は、モノを大切にしている?」

人への優しさは、コントロールできるし、嘘もつくことができます。
相手に感情があって、自分はそれを知ることができるからです。

物は違います。
例えば、本をぐちゃぐちゃにしたって、
痛いとは言わないし、悲しい表情もみせません。

だからこそ、
ものを大切にできるひとは、ひとのことも思いやれるひとなんだと思うのです。

自分の物を大切にすること
人の物を大切にすること

それができている人であれば、結婚を認めようと思っています。
一発殴ることは殴りますけどね。

最後になりますが、僕には娘がいません。
いまのところ、娘ができる気配もありません。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • それが永遠に続くのだと勘違いしてたんだ
    しらき
  • それが永遠に続くのだと勘違いしてたんだ
    まなか
  • 写真で振り返る2012年3月
    しらき
  • 写真で振り返る2012年3月
    もはえ
  • 写真で振り返る2012年1月
    shiraki
  • 写真で振り返る2012年1月
    モハえ
  • 【屋号001】篠田理髪店
    sss
  • 手ぬぐいで作るこども服
    spiro
  • 手ぬぐいで作るこども服
    真崎 悦子
  • 【屋号001】篠田理髪店
    Hanano

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM