って大竹伸朗が情熱大陸かなにかに出たときに言っていて、
そここそがアートとデザインの違いだと思うわけです。
古い佇まいを持つ料理屋の便所の壁はとてつもなく美しいものが多いが、それをくりぬいて美術館の壁にかけ、タイトルが「料理屋の便所の壁」だったとしたら、多くの人はそこに抵抗を感じるのだろうか。
僕はそうした壁にまったく異なる意図的なタイトルを付けたり、そうした行為に意味を持たせることなく、便所からはがした美しい壁に、「便所の壁」というタイトルを付け、人々がそのタイトルを見ようが見まいが同じように「美しい」と思えるようになればいいと思う。
なぜならそれは便所の壁なのだし、それは美しいのだから。

既にそこにあるもの / 大竹伸朗

ブクログの引用登録の文字数(140文字)に収まらなかったので、ブログに。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • それが永遠に続くのだと勘違いしてたんだ
    しらき
  • それが永遠に続くのだと勘違いしてたんだ
    まなか
  • 写真で振り返る2012年3月
    しらき
  • 写真で振り返る2012年3月
    もはえ
  • 写真で振り返る2012年1月
    shiraki
  • 写真で振り返る2012年1月
    モハえ
  • 【屋号001】篠田理髪店
    sss
  • 手ぬぐいで作るこども服
    spiro
  • 手ぬぐいで作るこども服
    真崎 悦子
  • 【屋号001】篠田理髪店
    Hanano

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM