つづき

今じゃ考えられないけど、10年くらい前に肉体労働をしていた時のこと。
その日は公共施設の内装工事を手伝う仕事で作業員は僕ともうひとり、細身の男の人だった。

屋上までゴミを運び、それを下からクレーン車で下ろし、トラックに乗せて仕事は完了するはずだった。でも手違いなのか、ゴミを乗せるべき3トン車が来ない。

仕方なくトラックが来るのを待つことになった。
指示をする人はどこかに行ってしまい、僕ともうひとりの彼だけになった。

弁当を買ってきて、屋上で食べていた。
夏ど真ん中のクソの役にも立たない暑い日で、温ったかいホカ弁を屋上から投げ捨てて、自分も頭からダイブしたいほどだった。

人見知りの僕がめずらしく初対面の彼といろいろ話をしたのは、暑さをまぎらわせたかったからなのかもしれない。
彼は僕と同じ年で役者をめざして上京して来たこと、お金がなくなり、日雇いでしのいでいるらしいこと。

そのあと、映画の話になった。
一番好きな作品を聞かれたので、僕は迷ってから「ショーシャンクの空に」と答えた。
彼は観ていなかったので、屋上でビールを飲むシーンが最高なんだと力説した。

彼に聞くと、「リバー・ランズ・スルー・イット」だと即答した。
僕は観たことがなかったけど、ブラピが主演の映画だという記憶だけはあった。
風景がとても美しい作品なんだ。僕の田舎にとてもよく似ているんだよ。
そう言うと彼は少しの間、黙っていた。

いくら待ってもトラックは来ない。
トイレに行った彼がグローブと軟球を持って、うれしそうに走って戻ってきた。

ねぇ、キャッチボールしようよ。

つづきます。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • それが永遠に続くのだと勘違いしてたんだ
    しらき
  • それが永遠に続くのだと勘違いしてたんだ
    まなか
  • 写真で振り返る2012年3月
    しらき
  • 写真で振り返る2012年3月
    もはえ
  • 写真で振り返る2012年1月
    shiraki
  • 写真で振り返る2012年1月
    モハえ
  • 【屋号001】篠田理髪店
    sss
  • 手ぬぐいで作るこども服
    spiro
  • 手ぬぐいで作るこども服
    真崎 悦子
  • 【屋号001】篠田理髪店
    Hanano

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM