今日はクリスマス。
チキンを食べたり、恋人たちが愛の歌を歌う日です。

もうひとつ、クリスマスにやるべきことがあります。
そう、自慢話です。
1年で唯一、大手を振って、自慢話をしていい日。それもクリスマスの重要な要素です。

勘のするどいお友達はもうわかっているかもしれないけれど、
僕にはブログを更新するネタがないんだ。
ブログに書くべきことなんて、そうそう起こるわけないんだ。

だから過去の話をするしかないんです。過去、最高。データ、盛りだくさん。
ただ、その膨大な話題の中でもブログに書くべきことなんて少しっきゃないけどね。

僕は30年間生きてきて、ひとつだけ自慢できることがあります。
上の画像。なんだかわかりますか?世界でもっとも有名な地図サービスの画面です。
ゲルググみたいな名前のアレです。

僕はかつてゲルググではない地図サービスを作る仕事をしていて、
その時に僕が作ったある機能をゲルググ様にパクっていただいたのです。

パクられたことがなぜ自慢なのか。
インターフェイスデザインの最高峰であるゲルググさまにパクられることはとてつもなく光栄なことなんです。
僕はパクられたと知ったとき、普段では見せないような無邪気な喜び方をしたものです。

でも社内の人たちはきょとんとしていました。
そりゃそうです。自社の良いところをライバル社にマネされたわけですから。
デザイナーじゃないとこの気持ちはわからないかもしれません。

肝心なことを言うのをわすれていました。
パクられた部分とは、この印刷専用ページの右上にある「メモ欄」です。
仕組みはなんてことありません。テキストフォームを設置しているだけです。
このフォームに行き先の住所や電車の乗り換え案内などをコピペして印刷するわけです。

これを思いついたのは、パソコンの前でうんうん考えている時じゃありませんでした。
電車に乗っていた時、目の前のサラリーマン風の人がプリントアウトした地図を持っていました。

彼はその余白に何か書いているので、僕は気になってチラ見したんです。
すると、行き先の住所と名前(おそらく打ち合わせする担当者名)を書いていたんです。

これ、プリントアウトする前に書けたらいいじゃん。そう思った瞬間、思いつきました。

いまでは主要な地図サービスのほとんどがこの案を採用しています。
どこのサービスもゲルググさまのマネをしている、そういうネットを書き込みも見たことがあります。
でも、僕とゲルググのデザイナーだけは誰が一番はじめに考えついたかわかっているんです。

自慢慣れしてないと、書きにくいですね。
もっと悪びれた感じで皮肉たっぷりに書けたらいいんだけれど。

クリスマスの自慢のこのくらいにしておきます。
さてと、googlemapsで明日の忘年会の場所をプリントアウトしておこう。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • それが永遠に続くのだと勘違いしてたんだ
    しらき
  • それが永遠に続くのだと勘違いしてたんだ
    まなか
  • 写真で振り返る2012年3月
    しらき
  • 写真で振り返る2012年3月
    もはえ
  • 写真で振り返る2012年1月
    shiraki
  • 写真で振り返る2012年1月
    モハえ
  • 【屋号001】篠田理髪店
    sss
  • 手ぬぐいで作るこども服
    spiro
  • 手ぬぐいで作るこども服
    真崎 悦子
  • 【屋号001】篠田理髪店
    Hanano

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM