恵比寿の写真美術館でやっている「写真新世紀展」を観に行く。

写真新世紀は何回か見た事あるけど、毎回会場に緊張感が漂ってるのはなぜなんだろう。
写美がそういう雰囲気を出してるのかもしれない。

正直、今回はこれはすごい!みたいなひっくり返るような作品はなかったです。
大きく分けると、日常に深く入り込んで切り取るのと、写真でアートをやってるものの2通りしかなくて、もともとは日常を切り取る写真が好きなんだけど、そればかりだと飽きてくるし、写真自体もどっかでみたことあるようなものが多くなっている気がする。写真一枚の意味が強過ぎるというか、撮ってる人の思い入れが強過ぎるというか、そういう写真よりも流れで見た時に独特の雰囲気を出している淡々とした写真が見たい気分なのです。

すごく大きなサイズで写真が展示されるのも良いけど、
写真新世紀ってその隣に置いてあるその人のポートフォリオが見られるところが楽しいです。紙焼きを紐で綴じてるだけのものもあれば、きちんと製本してたり、デザイン入れてみたりいろいろ個性が出ていて見ていて刺激的です。

写真新世紀展
11月3日(土・祝)-11月25日(日)
入場無料 アンケートに答えるとパンフレットがもらえます

写真好きな人はぜひ!
333333

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • それが永遠に続くのだと勘違いしてたんだ
    しらき
  • それが永遠に続くのだと勘違いしてたんだ
    まなか
  • 写真で振り返る2012年3月
    しらき
  • 写真で振り返る2012年3月
    もはえ
  • 写真で振り返る2012年1月
    shiraki
  • 写真で振り返る2012年1月
    モハえ
  • 【屋号001】篠田理髪店
    sss
  • 手ぬぐいで作るこども服
    spiro
  • 手ぬぐいで作るこども服
    真崎 悦子
  • 【屋号001】篠田理髪店
    Hanano

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM