infobarというスマホに機種変して、ケータイで写真撮ることが増えました。
なんだこのきれいな画質。よくわからないけど夜でもブレずに撮れたりするし。

DSC_0003.JPG
洒落た天井

DSC_0005.JPG
逆光。同じ表情、同じ角度。たぶん兄妹。

DSC_0013.JPG
夜の新宿東口。ダクトの形が生物みたいだった。

DSC_0026.JPG
銀座の松坂屋の屋上はさびれ方が絶妙なので好き。

DSC_0027.JPG
これも松坂屋。椅子が朽ちてる。


野田凪展@新橋リクルートギャラリー。みんなお通夜みたいに静かに観てた。


ケータイの写真はなにも考えずにパサパサっと撮るのがいいな。
起動さえ速ければ!!



JUGEMからinstagramの写真を簡単に投稿できるようになりました。
http://info.jugem.jp/?eid=16471

なぜかiPhoneアプリでしかできない、噂のinstagramを社内の人がやっているのをみて、
奥歯を血が出るくらい食いしばっていたら、見るにみかねた会社のひとが、
使ってないiPhoneを貸してくれたので、土日で遊んでみました。

IMG_0003.JPG
IMG_0005.JPG
IMG_0009.JPG
IMG_0010.JPG
IMG_0012.JPG
IMG_0013.JPG
IMG_0015.JPG
IMG_0016.JPG
IMG_0018.JPG
IMG_0020.JPG


いやー満足しました。
面白さを体験できたのでよかった。
はじめて二日でポピュラー入りしたら、
「世界が2日で気づいたよ。俺という奇跡の才能にさ」って調子乗ろうと思っていたのに、残念。

iPhoneに変えない理由はただひとつ。
auから乗り換えるのがめんどうだから(品薄らしいIS03もめんどうになってきた)。

大変おくればせながら、桜の写真でも載せてみます。
さくらはいつみたってきれいだからね。

sakura girl

sakura girl



sakura mirror

sakura mirror



sakura circus

sakura circus



sakura head

sakura head



SUPPORTED BY JUGEM Desktop


なすと彼女
SUPPORTED BY JUGEM Desktop



近所にある家庭菜園スペースに忍び込み、茄子をあるだけ盗んでいる瞬間の写真です。
顔を隠しているのは僕の彼女への優しさの表れです。もちろん、うそです。

茄子の茎って茄子色なんですね。あと花が綺麗でした。

solarisというフィルムをはじめて使ったけど、良い感じ。
イタリア製のフィルムなので、写した写真がすべてトマトくさくなります。もちろん、うそです。

先週の月曜で仕事が一段落したので、
この前の日記に書いたご褒美
をついに開けました。

箱を開けると丁寧に梱包されてました。さすが精密機械。
ドイツからの空輸されたせいか、R25という謎の記述やテープにドイツ語っぽい文字が書かれていました。

下の画像をクリックしてください。
何回かクリックすると箱の中身がわかります。




というわけで、謎の箱の中身はカメラでした。
これは「Rollei35S」という30年くらい前の古いカメラです。
画太郎先生のフィギュアと比べるとわかりやすいけど、とても小さなカメラでコンパクトカメラのお父さんと呼ばれているようです。

当時、この大きさでこの性能のカメラを作ることは本当に大変だったみたいで、
表面的なデザインを見ていてもその苦労がわかってきます。
通常はシャッター近くの上側にあるフラッシュを付けるホットシューを下につけちゃう潔さが気に入ってます。

高校生くらいのときだったか、服屋さんのインテリアとして飾ってあるのを見たことがあって、前面のダイヤルにスパイが使うカメラのにおいを感じて憧れていたカメラだったので手元にあるのがなんだか不思議。

さて、肝心の動作ですが、試しに12枚撮りフィルムで適当撮影して現状に出したんだけれど、未露出でなにも写っていませんでした…。カメラ屋の可愛い女子に「間違って取ってないフィルムを持って来ちゃったのかもしれませんね〜」と気を遣われた(?)のがつらかったです。

ま、たぶんフィルムの入れ方に失敗しただけだよ。そうだよ。不良品とかつかまされてないから!絶対、違うから!!



恵比寿の写真美術館でやっている「写真新世紀展」を観に行く。

写真新世紀は何回か見た事あるけど、毎回会場に緊張感が漂ってるのはなぜなんだろう。
写美がそういう雰囲気を出してるのかもしれない。

正直、今回はこれはすごい!みたいなひっくり返るような作品はなかったです。
大きく分けると、日常に深く入り込んで切り取るのと、写真でアートをやってるものの2通りしかなくて、もともとは日常を切り取る写真が好きなんだけど、そればかりだと飽きてくるし、写真自体もどっかでみたことあるようなものが多くなっている気がする。写真一枚の意味が強過ぎるというか、撮ってる人の思い入れが強過ぎるというか、そういう写真よりも流れで見た時に独特の雰囲気を出している淡々とした写真が見たい気分なのです。

すごく大きなサイズで写真が展示されるのも良いけど、
写真新世紀ってその隣に置いてあるその人のポートフォリオが見られるところが楽しいです。紙焼きを紐で綴じてるだけのものもあれば、きちんと製本してたり、デザイン入れてみたりいろいろ個性が出ていて見ていて刺激的です。

写真新世紀展
11月3日(土・祝)-11月25日(日)
入場無料 アンケートに答えるとパンフレットがもらえます

写真好きな人はぜひ!





近くの商店街で今週末夏祭りがあるらしく、
準備が着々と進められている。

といっても、そんなたいそうな祭りではないので、
万国旗の垂れ幕や提灯がぶらさがっているだけだけれど。

普段がそんなに人がないのに、祭りになると結構混み合うから不思議。

(たぶん、続く)

「SX-70」というポラロイドカメラ知ってますか?

前々からほしいと思っているんですけど、
30年くらい前のカメラなので当然製造中止になっていて、人気があるらしいので結構高いんですよ(4万円くらい)。

その伝説のカメラ「SX-70」がなんと300台も一気に売り出す、お祭りが今日から開催されたらしいのです!

銀座 松坂屋の「中古カメラ市」は24日火曜までやっています。
週末行こうかな。行ったら買っちゃうな、きっと。

■SX-70 情報サイト
http://sx70.jp/index.html
続きを読む >>

1

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • それが永遠に続くのだと勘違いしてたんだ
    しらき
  • それが永遠に続くのだと勘違いしてたんだ
    まなか
  • 写真で振り返る2012年3月
    しらき
  • 写真で振り返る2012年3月
    もはえ
  • 写真で振り返る2012年1月
    shiraki
  • 写真で振り返る2012年1月
    モハえ
  • 【屋号001】篠田理髪店
    sss
  • 手ぬぐいで作るこども服
    spiro
  • 手ぬぐいで作るこども服
    真崎 悦子
  • 【屋号001】篠田理髪店
    Hanano

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM